2006年03月01日

死活と詰碁

わたしは詰碁が苦手です。
でも、ポケット詰め碁ぐらいなら解けるようになってるし、三段合格の死活も半分ならいける(だめじゃん)
なのに級位者用と言われる創作詰碁が解けないのだ!
形がはっきりしてないものほど、考える事が多すぎて、いつまでたっても焦点が定まらない。
解答にも自信がもてない。゚・(ノД`)・゚。
おかしい。ポケット詰碁ぐらいならとけるんだから、これぐらい解ける筈なのにーと思っても、見た事ない形に何から手をつけていけばいいのやら。

とここまできてやっと何となくわかりました。
ポケット詰碁とかは、詰碁といっても実戦によく出てくるような形。
基本中の基本死活なのだ・・。
対して詰碁というのは実戦に出てこないような形(ほんとか?
よく考えたら、つい最近までそんなのやった事なかった(;・∀・)

つまり、私の場合、基本中の基本の死活ぐらいは知識で覚えてやっと身に付いたかなーってレベルで、
自分で急所を探して読む事にかけては二桁級ぐらいしかないのかもしれない・・。

三段合格の死活ってなんで詰碁じゃないんだろーと思ってたけど、あれはやっぱ死活なんだね。
こないだ古本屋さんで碁経衆妙買ったので、とけるとこだけでもどんどんやっていくべきか・・。ページ飛ばしまくり。

こんなんでよくKGS4kまでこれたな・・感無量(ちがう(´Д`)
詰碁力を育てる本募集中・・。。゚・(ノД`)・゚。


posted by chocolats at 11:37 | Comment(11) | TrackBack(1) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在コメントは受けつけていません
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13969099
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

囲碁関西
Excerpt: 今日は、囲碁関西の棋力認定問題を作っていました。多分、五月号掲載なので是非チャレ
Weblog: はちまんの競馬と囲碁
Tracked: 2006-03-02 21:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。