2006年03月03日

ストップウォッチで計測

韓国囲碁年鑑まだ20局ぐらいしか並べてない(´Д`)
先は長いぞーーー・・日本の囲碁年鑑もあるのに・・。

で、一体どれぐらい時間かかってるのか気になって、
ラップ計測ができるストップウォッチで計ってみることにしました。
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/050409/n0504094.html

100手単位でラップ計測してみたところ、1〜100手は8〜10分といった所。まあまあかな・・。
しかし160手すぎたぐらいから、とにかくスピードがおちる(´Д`)
戦いが終わって大ヨセに入ったりする頃ですね。
そんな感じで100〜200手で20分以上orz

250手以上の作り碁だと、最長で50分かかったよ。゚・(ノД`)・゚。 遅すぎる
ちなみに一体どれぐらいかかるものなのか。高段者のブログから引用してみる。
しゅがーれすさんの場合=======
韓国囲碁年鑑からとりあえず4局並べてみる。
209手で7分40秒 184手で6分25秒 248手で9分10秒 189手で7分
こんな感じでした。実際の碁盤じゃなくてKGSで並べたけど。

だすさんの場合=======
並べたのは黄イソVS趙善津の名人戦最終予選と王立誠VS柳時勲の本因坊戦最終予選決勝。前者が9分、後者が11分ぐらいで並べられました。

わたしの倍以上ですか(;´・_・)人(・_・`;)

一体どんな手の動きしてるんだろう・・。
石置いてる間に既に次の場所を見てるってこと??
わたしなんて、180手こしたぐらいから本両手に持って場所さがしますが・・・
目の前で並べてる所見てみたいもんだ(;・∀・)

さて、わたしの場合相当亀スピードだという事が判明した訳です(´Д`)
韓国囲碁年鑑は300局以上。
並べ終えた頃にスピードうぷする事を祈ってがんがります。゚・(ノД`)・゚。
posted by chocolats at 14:21 | Comment(3) | TrackBack(1) | 棋譜ならべ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在コメントは受けつけていません

この記事へのトラックバック

碁の本
Excerpt: 子供の頃良く並べたのは本因坊秀策全集ですね。後、詰碁では發陽論です。まあ、親父に
Weblog: はちまんの競馬と囲碁
Tracked: 2006-03-06 10:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。